Home > 開発実績 > 募集人管理システム開発

募集人管理システム開発

■クライアント

某生命保険会社様

■プロジェクト概要

各代申会社や生命保険協会などから連携される生保募集人情報、代理店情報・支店情報を管理し、関連する他システムへの情報連携、各種協会届出情報の管理、研修履修情報や共同GW情報の管理などの機能を有する生命保険会社の募集人管理システムをWeb基盤で構築しました。

■システム化の経緯

旧システムは社内EUCとしてAccessで運用されていました。
その結果、これまでの業務拡大に伴ってその都度追加された機能が多数散在しており、実務での運用限界およびメンテビリティ低下となっていました。
新システムでは、拡張性、メンテビリティなどのリスクを回避するためにWeb基盤での再構築を目指しました。

■一時はプロジェクト崩壊の危機に

全開発期間が8ヶ月という比較的長丁場となる開発案件ではありましたが、要件定義~外部設計完了までの3ヵ月間を経た時点で、基本的なビジネスニーズを満たしていないことが発覚してしまいました。
プロジェクトの危機!となりました。
原因はプロジェクトに参画していたステークホルダー間のコミュニケーション・ギャップでした。(これについては猛反省!です。。。)
また、時を同じくしてお客様側PMが体を壊されたこともあり、本当にプロジェクトが中断するのか?とまで追い詰められました。

■困難を乗り越え大成功

しかし、お客様のビジネス部門で現場責任者をしていらっしゃる課長様が真摯に且つ前向きに全面協力してくださいました。 その甲斐あって、3ヶ月遅れから再スタートを切ったプロジェクトでしたが、当初予定を丁度2ヶ月オーバーした時点で本番を迎えることができました。

再スタートしてからは、マネージメントコントロールの連続です。
一部機能は実装しているが、他機能は要件定義中あるいは設計中、実装途中での設計要件変更はあたりまえの状態でした。
当初の想定機能自体を全くの別機能に変更するなど、結局結合テストの完了間際まで要件仕様の変更が随時発生し、本当に厳しい開発でした。

そんな中でもなんとか開発プロジェクトをキャリーできたのは、過去に幾多の炎上プロジェクトの火消しをしてきた経験のある 当社プロジェクトリーダーの存在です。 プロジェクトの成否は、信頼関係です。チームワークです。
プロジェクトリーダー一人で作り上げることなど不可能で、部下のモチベーションを縁の下の力持ちで支えることがPMの使命ということを理解していました。
人の上に立つPMが大変な立場であることは当たり前です。信頼してくれた部下がいたからこと成功した事例です。

あとは、なんと言っても、お客様のビジネス部門で現場責任者の課長様の前向きで全面的な協力があったればこそ!でありました。

サービスイン後は移行に関するいくつかの初期不具合はありましたが、実務にインパクトを与える障害は発生しておらず、順調に本番稼動しています。

■システム概要

開発期間 10ヶ月
OS / ミドルウェア Windows Server 2003, WebSphere Application Server 6.1, Oracle10g
関連技術 Java, Struts, Ajax, LDAP, Kerberos, Active Directory, Jython, Apache POI
規模
実行ステップ/テーブル数
15万ステップ/45テーブル

このページの上部へ