Home > 保険システム開発室NEWS > クローズアップ 生命保険、シンプルに 滞納による契約解除に注意

クローズアップ 生命保険、シンプルに 滞納による契約解除に注意

「生命保険に入りたいが、仕組みが複雑でわからない」。こうした声を受け、生命保険をシンプルにする動きが広がっている。日本生命が4月に発売した商品はその一つ。従来はセット契約が条件だった保障を、それぞれ単独で買えるばら売りに変更。保険金をもらう条件も簡素化した。
 大手生保では終身保険などの「主契約」に医療や介護などの保障を「特約」としてセットにした商品が一般的。セットでないと買えない保障もあり、複雑だった。そこで日生は必要な保障を単品で自由に買えるようにした。

 似た商品は朝日生命も販売している。ネット生保や外資でもばら売りは一般的だ。
 保険金を受け取る保険契約の仕組みもシンプルになりつつある。一例は最初の保険料支払い前でも保険金を受け取れる商品だ。
 保険金は「契約申し込み」「健康状態の告知」「初回の保険料支払い」をすべて終えた後でないと受け取れないのが普通。最初の保険料を払う前に被保険者が亡くなると、保険金がもらえないため、わかりにくいとの声も出ていた。ソニー生命や富士生命、東京海上日動あんしん生命、日生などは保険料払い込み前は保険金から未払い保険料を差し引いた金額を支払う仕組みを導入した。

 ただ、シンプルな半面、注意点もある。日生の新商品は、保険料支払いが滞ると従来より簡単に保険を失う恐れがある。これまでは保険料を滞納しても、解約返戻金から自動的に貸し付ける形で保険料が払い込まれる仕組みがあった。失効しても数年以内に未払い分を払い健康状態の診査をやり直せば、同じ保険を復活することも可能だった。
 だが、新商品ではこれらの仕組みを廃止。保険料が滞った場合、郵便や営業員の訪問などで催促。2カ月以内に払わないと保険契約は解除となり、復活もできなくなった。
 シンプルになったとはいえ、保険は安い買い物ではない。営業員らに納得できるまで質問し、本当に必要な保障を選ぶべきだろう。

出典:日本経済新聞 平成24年4月18日朝刊

このページの上部へ