Home > 保険システム開発室NEWS > 月別一覧

2012年04月のあいそるニュース

クローズアップ 生命保険、シンプルに 滞納による契約解除に注意

2012-04-18 18:09

「生命保険に入りたいが、仕組みが複雑でわからない」。こうした声を受け、生命保険をシンプルにする動きが広がっている。日本生命が4月に発売した商品はその一つ。従来はセット契約が条件だった保障を、それぞれ単独で買えるばら売りに変更。保険金をもらう条件も簡素化した。
 大手生保では終身保険などの「主契約」に医療や介護などの保障を「特約」としてセットにした商品が一般的。セットでないと買えない保障もあり、複雑だった。そこで日生は必要な保障を単品で自由に買えるようにした。

 似た商品は朝日生命も販売している。ネット生保や外資でもばら売りは一般的だ。
 保険金を受け取る保険契約の仕組みもシンプルになりつつある。一例は最初の保険料支払い前でも保険金を受け取れる商品だ。
 保険金は「契約申し込み」「健康状態の告知」「初回の保険料支払い」をすべて終えた後でないと受け取れないのが普通。最初の保険料を払う前に被保険者が亡くなると、保険金がもらえないため、わかりにくいとの声も出ていた。ソニー生命や富士生命、東京海上日動あんしん生命、日生などは保険料払い込み前は保険金から未払い保険料を差し引いた金額を支払う仕組みを導入した。

 ただ、シンプルな半面、注意点もある。日生の新商品は、保険料支払いが滞ると従来より簡単に保険を失う恐れがある。これまでは保険料を滞納しても、解約返戻金から自動的に貸し付ける形で保険料が払い込まれる仕組みがあった。失効しても数年以内に未払い分を払い健康状態の診査をやり直せば、同じ保険を復活することも可能だった。
 だが、新商品ではこれらの仕組みを廃止。保険料が滞った場合、郵便や営業員の訪問などで催促。2カ月以内に払わないと保険契約は解除となり、復活もできなくなった。
 シンプルになったとはいえ、保険は安い買い物ではない。営業員らに納得できるまで質問し、本当に必要な保障を選ぶべきだろう。

出典:日本経済新聞 平成24年4月18日朝刊

Posted by S.A

生損保が保育所直営(金融庁、13年度にも解禁検討 )

2012-04-11 14:13

金融庁は保険会社が子会社を通じて直接、保育所を運営できるようにする方向で検討に入った。保育所に入りたくても入れない待機児童問題が深刻になる一方、保険会社の間で保有する不動産を使った保育サービスへの参入意欲が高まっているためだ。金融庁は11日に開く金融審議会(首相の諮問機関)で議論を始め、早ければ2013年度にも保険業法を改正する。

 金融審は09年に保険の基本問題に関する中間報告をとりまとめた。その後、保険金の不払いに伴う経営問題が一服。少子高齢化が一段と進む状況を踏まえ、保険会社が提供する商品やサービスのあり方について本格的に再検討することにした。

 業務範囲の見直しはその一環。保険業法は保険会社が子会社で参入できる業務を限っており、保育所運営は対象に入っていない。都心の駅前などに優良な不動産物件を多く抱える保険会社が保育サービスに直接参入できれば、保育所に入れない待機児童の解消につながる可能性がある。子供向けの医療保険や傷害保険など本業の保険事業との相乗効果も見込める。

 一方、保険会社が保険金の代わりに医療や介護などのサービスを提供する「現物給付」の是非についても検討する。現物給付は07~08年にも議論したが、反対意見が多く、解禁を見送っていた。

 厚生労働省によると、待機児童の数は昨年4月時点で約2万5000人。需要に対し、保育所の供給が追いつかず、高止まりが続いている。
 保険会社では第一生命保険が自社の不動産を活用し、保育サービス大手のJPホールディングスとポピンズに業務委託する形で保育所運営に乗り出している。

 自社で直接運営できるようになれば「収益事業としてスピーディーな拠点展開が可能になる」(大手生保)、「保険商品の潜在的な顧客と新たな接点をつくれる」(大手損保)と業法改正に期待する向きが多い。

 ただ現在は、企業が保育事業から得た収益を配当やほかの事業への投資に使うと、市町村からの補助金が減ってしまう。このため政府は保育サービスを拡充するための子育て支援新制度の関連法案を3月末に国会に提出した。
 法案が成立すれば、これまで事業主体が社会福祉法人か株式会社かなどで差があった補助金は一本化される。施設は市町村の指定を受ければ、運営費が給付される仕組みになる。金融審ではこうした新制度もにらんで、保険業法改正の議論を急ぐ。

 保険会社の保育所運営について、JPホールディングスの山口洋社長は「保育事業の採算を確保するには一定の規模が必要」と指摘。法改正で保険会社が子会社を通じて保育所を運営できるようになっても、事業として成立させるのは難しい側面もあるとみる。

出典:日本経済新聞 平成24年4月11日朝刊

Posted by S.A

このページの上部へ