Home > 保険システム開発室NEWS > 損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が合併

損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が合併

NKSJホールディングスは3月23日、傘下の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が2014年度上半期をめどに合併することで基本合意したと発表した。
損保業界を取り巻く環境が厳しくなる中、合併によって事業基盤を強化する。

存続会社は損保ジャパン。
合併会社の社名は損害保険ジャパン日本興亜で、会長に損保ジャパンの桜田謙悟社長が、社長に日本興亜の二宮雅也社長が就く。

出典:ロイター

このページの上部へ