Home > 保険システム開発室NEWS > ひらがな入力とローマ字入力はどちらが速いのか

ひらがな入力とローマ字入力はどちらが速いのか

2008-10-18 21:32

私(文の筆者)は、ひらがな入力で日本語を入力します。 仕事ではプログラム等のコーディングも行いますので、ローマ字入力もそれなりに出来ます。

ちなみに何故ひらがな入力なのか、とよく聞かれるのですが初めてキーボードに触れたのが小学生の頃だったので その頃はローマ字そのものを知らなかったからだと思っています。

では日本語を入力する場合、ひらがな入力とローマ字入力はどちらが速いのでしょうか。 ひらがな入力の方がキーを押す回数が少ないからひらがなの方が速いとおっしゃる方はよく聞きます。 何かで読みましたが、確かにローマ字入力はひらがな入力と比較してキーを押す回数は1.5倍くらいなのだそうです。

私の意見としては、ひらがな入力もローマ字入力も達人になると速さにそれほど違いが無いと思います。

確かにひらがな入力は押すキーは少ないですが、それだけキーボードで使用するキーの種類が物理的に多いです。 キーボードの一番上の段や右側まで広範囲に広がっている為、指がそこに移動するまで時間がかかります。

また、ひらがな入力はShiftキーや濁点(゛)や半濁点(゜)で、両手の小指を多用する為 それなりに小指が器用にならないと、速い入力は出来ません。

例えば「ホームページ」という単語はひらがな入力では非常に難易度が高いです。 6文字ですが、8回キーを押します。そして、そのうち7回は右手小指を使用するのです。

マスターするまでは難易度の高いひながな入力ですので、日本語の入力でひらがな入力をする人は圧倒的に少ないです。 実際私はこの業界に十年以上様々な現場で働きましたが、ひらがな入力が「出来る」という人ではなくそれを主として使っている人は 今まで一人か二人くらいしか出会っていません。

それ故、他人のキーボードを少し借りるときは必ず入力方式を切り替える必要があるし、借り終わった後にそれを元に戻すのを忘れて ぶーぶー言われたりして、正直あまりメリットを感じたことはありません。

Posted by T.S

このページの上部へ