Home > 保険システム開発室NEWS > nagiosによる障害通知方法の検討

nagiosによる障害通知方法の検討

2008-10-12 11:15

nagiosWeb管理画面 弊社は多数のサイトを保守しておりますが、サービスの監視ツールはnagiosを使用しております。

nagiosは現在ではサーバ監視のスタンダードなツールであり、例えばWebサービスに異常があったり サーバに異常な負荷がかかったりハードディスクの容量が一定の閾値を越えたりした場合に、管理者に通知してくれます。

一般的には通知手段はメールなのですが、もっとシステマチックな通知方法はないものかと思い、 下図のパトランプを導入して障害が発生した場合はサイレンとランプが鳴りまくる仕組みを 取り入れようとかなり真剣に悩んだことがあります。

ランプ DN-1000R-3R 株式会社アイエスエイ http://www.isa-j.co.jp/product/keiko/keiko2/

しかし、弊社はいつくものサイトを24時間保守しており休日や夜間に障害が発生した場合は、社外からリモートアクセスにより 復旧作業を行うケースもあります。よって、会社に誰もいない時に障害が発生してもただ無人の会社がウルサイだけです。

上記のパトランプはそれなりの金額ですので、上司に稟議書を出す勇気さえ湧いてこず結局あきらめました。 よくよく考えるとやはり携帯電話へのメールがシンプルでコストがかからず効果的な 通知方法です。今のところ、一般人が24時間肌身離さず身近に持っているものといったらやはり携帯電話ですので、 結局弊社の場合も障害発生時にはサーバ管理者の携帯電話へメールが配信されるようになっています。

Posted by T.S

このページの上部へ