Home > 保険システム開発室NEWS > Radiant CMS

Radiant CMS

2008-10-07 21:11

Radiant CMS 管理画面 当WebサイトはRuby on RailsベースのRadiantをCMSとして採用しております。Radiantはシンプルで余計な機能は含まれておらず、CMSだけの機能を追及した非常に使い勝手の良いツールです。

しかしながらRadiantはMovable Type等と比較するとメジャーとは言えず情報が少ないため最初は少し戸惑いました。

専門書があるわけでもなく、英語が得意ではない私たちはRadiant CMSの本家の英語サイトだけではなく、以下のWebサイトをよく拝見しました。

Radiant CMS Japan

特に、AIRS LabsにあるRadiant CMSでGoogle sitemap.xmlに対応するというテクニックは素晴らしく、当Webサイトでそのまま利用してます。

ちなみに、当Webサイトの構成は下記の通りです。

  • Red Hat Enterprise Linux ES3
  • Apache HTTP Server 2.0.46 + mod_fastcgi 2.4.6
  • Ruby 1.8.6
  • Radiant CMS 0.6.9
  • MySQL 4.1.11

RadiantはトップページのURLの後ろに/adminを付けると管理者のログインページが表示されます。そしてそのログインページの下部にはRadiantのバージョンが表示されますで。この方法でRubyのオフィシャルサイトのRadiantのバージョンを確認すると、0.5.2です。まだバージョンアップしないのかな、とかいつも気になっちゃってます。

尚、私たちは社内でRadiantを「らでぃあんと」と呼んでいましたが、ネットで調べると「れでぃあんと」とか「れいでぃあんと」と書かれていますね。そういえばnagiosがまだマイナーだった頃、正確には「なぎおす」なのに私たちは「ねいじうす」と呼んでいた時期がありましたが、そんな事を少し思い出しました。

Posted by T.S

このページの上部へ